Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

機能不全家庭で育ち大人になって生きづらさや自分の生き方に漠然とした不安を感じている方に共通する点があります。

自分が何をしたいか分からないという空虚感や欠乏感を常に抱えている事です。

見た目は全く普通(普通ってなんだ?という考えは置いといて)の家庭で育ち、何不自由なく暮らしてきたのに、不満だらけ。

人付き合いも人柄が良いお蔭で表面上は問題なく見える。

でもそういう方に限って「良い子」演じ、相手に嫌われない生き方が身に染みているので、表面上は人付き合いがうまいと言われるかもしれませんね。

あなたには思い当たる節はありますか?

まさにこれは私の事でした。

アダルトチルドレンが生きづらさの要因なのだと気づき始めたのです。

とにかく他人の評価を気にし、期待外れと思われないように、出来ない人間だと思われないように(仕事上も友人からの評価でも)ばかり気にして生きてきました。

嫌われたくないからいい人を演じてきて、その抑圧した感情をお酒で爆発させる。

だから普通の人(普通って・・・、しつこい?)とお酒に対してのスタンスが違うな~と思ってはいました。

家族内という狭い世界での「常識」が世間では通じないという現実に苦労しました。

でも、それは決して悪い事ではありません。

感違いしてほしくないのは、幼い頃の反射的な心の防衛手段として、自分が生きていく為に身に付けざるを得なかったのですから。

自殺せずに自暴自棄にならずに今まで生きてきたのが凄いのです。

ただ自分の本当に望む生き方と実際の生き方がズレているだけなのです。

だからハッキリ言います。

「あなたは悪くありません。決して自分を責めないでください。」

まずは自分の生きづらさの要因に気づくことからスタートします。

私は気づき、セミナーに行き、カウンセリングやコーチング、NLPを学びました。

1番の収穫は参加者同士、自分の弱みやコンプレックスをさらけだし、自分の物語を語れた事です。

時には涙したこともあります。

でも自分の生きてきた人生をさらけだし、それでも受け入れられたという現実に触れたとき、何とも言えない心が満たされる感覚をを味わう事が出来ました。

自分を語るという出来事を通じ、人との関係性の中で自分を見つめなおせたのが大きかったのだと思います。

そしてセルフケアという考えに至り、自分の心のメンテナンスを1人で出来るようになるために学びを深めました。

今ではそのセルフケアを認知してもらいたいという目的でカウンセラーとして活動してます。

1人でも多くの方が自分らしく生きられ、セルフケア力を身に付ける事が出来るように、今後も活動してまいります。

私という人間をもっと知りたい、セッションに興味がある方は、下記をご覧ください。

※メールセミナーの特典として初回オリエンテーションを無料で提供しております。

↓特典を手に入れるにはこちらのセミナーに今すぐ登録してくださいね↓

>>>>>>メールセミナーはこちらで登録できます<<<<<<

>>>>>>セッションに興味のある方はこちらまで<<<<<<

 

Pocket