Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

アダルトチルドレンの特徴の1つに他人との境界が曖昧だという事があげられます。

境界とは自分の考えや感情を他人に依存してしまったり、きっと周りはこう思うはずと勝手に非現実的な期待をしてしまったりと「個」としての自分の考えや感情を他人にゆだねてしまう事をいいます。

同一化とも言いますが、

・親がこういったから正しい (親の意見は絶対)

・どうせ私が悪い

・きっと私の意見は反対される

等最初から自分の存在が無いように扱われる事です。自己否定感をベースとした考え方になってしまいます。

こういった家族のルールが暗黙のうちに出来上がると、大人になっても同じ反応を取ってしまうようになります。

自分が正しいと思っても否定されるのが怖いので意見を言えずに黙ってしまったり、何か問題が起こると相手と話し合い問題解決をする前に自分が悪いんだと一方的に考えてしまったりします。

なぜそのような対応をしてしまうのでしょうか?

自分を否定されたくないので本心を無視してしまうからです。これ以上傷つかないように防御するのです。

子供のころの傷が回復してないあなたの心がそのように反応しているのです。

こうして客観的に見てもあなたは悪くないのに、他人の責任を率先して背負ってしまう事になります。

あるいは自分の意見が絶対正しいと融通が利かない態度をとる事で優越感やパワーを感じ、自己否定される事から逃げているのかもしれません。

これってとても悲しいし辛い事ですよね・・・。

あなたは悪くないんですもの。そんな態度を取る必要はないのです。

そのようなルールが幼い頃から生きる手段となってしまったのですから。

その生き方が自分なんだ!と思えば何の問題もありません。

ただなんか胸騒ぎがする、落ち着かない、混乱する、しばらくたってから苦しくなる等のネガティブな感情が反応しているならば、それは子供のころの傷が疼いているサインです。

そのサインを今までなかったことにしてきませんでしたか?

そこにあるのに無視しませんでしたか?

 これが私。。。波風立てたくないし、大人ってこういうもんでしょ!

 わざわざ問題を大きくする必要ないし、私1人の考えなんて何の役にも立たないし。

 こんな対応をする事で問題を置き去りにして、そんな自分とずっと付き合ってきたのではないでしょうか。

あなたには、こころあたりありますか?

このまま今までどおり自分さえ我慢すればいいとやり過ごすのか、本当の思いを伝えあえる関係を望むのか、1度じっくりと問いかけてみる事をしてみませんか。

仮に自己否定感がなければ、自分の意見を言う事に後ろめたさは感じないはずです。

他人の責任を背負う事をせず、あくまで自分の責任だと分かっているからです。

そこで否定されたとしても、相手との関係が悪くなり、つながりが途絶える訳ではないと分かっているのです。

過去に縛られた生きる手段は手放した方が、ずっと楽に生きられます。

新たな生き方は自分から選択できます。

大人になったあなたはこんな生き方をしなさい!と親や他人から縛られる事はないはずです。

そうしないと生きられないのは、もう幻なのです。

そこに気づいた人から自分らしい生き方を模索し本当の感情を取り戻していくのです。

私の役割は古い生き方に気づき、手放し、あなたが望む新しい生き方にシフトしていくサポートをする事です。1人でも多くの方が苦しみから解放され、自己一致した人生を歩めるように、私に出来る価値を提供しています。

自己一致した人生を歩むヒントを下記セミナーから学んでみませんか?

※メールセミナーの特典として初回オリエンテーションを無料プレゼントしております。

↓プレゼントを手に入れるには、こちらのセミナーに今すぐ登録してくださいね↓

>>>>>>メールセミナーはこちらで登録できます<<<<<<

>>>>>>セッションに興味のある方はこちらまで<<<<<<

家族依存専門セルフケアカウンセラー 井上秀人

Pocket