Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

前回は「境界」のお話をしましたが、幼い頃からこの境界を親から教えられずに育つと境界が曖昧になります。

教えられないというのは、親自身にも境界が曖昧という事実があったからです。

このような環境で育ったアダルトチルドレンの多くは、自分も苦しい思いをするのですが、他人にも同じ苦しい思いをさせてしまうことがあります。

例えば、

「相手に非現実的な期待をする」

という事があります。

あなたにはありますか?

自分のなかでの考えが「こうなってあたりまえ」「相手はこんな反応をするはず」などの前提条件が無意識に含まれており、そのとおりの結果にならないと怒りの感情が湧いてきます。

察して欲しいなんて感覚もあります。

う~ん、私にはよくあります(笑)!

自分の思い通りにならないこと=物事をコントロールできていないという事になるのです。

そういう人はコントロールする事で「安心」を手に入れています。

コントロールできないと「不安」なので、怒りの感情を出すことで無理やりコントロールしようとするからくりです。

傷つかないように精一杯、防御しているのです。

怒ることで相手が素直に聞いてくれれば良いですが、たいていは余計にこじれます。

反対に怒りを出さずに我慢し、全く期待していないフリをするパターンもあります。でも心の中では本当は期待したい思いが眠っていることがほとんどです。

どちらのパターンでも、自分の態度のせいで人間関係がなかなかうまくいかないという現実を引き寄せ、繰り返してしまうのです。

私の場合は、

家庭内で自分の考えややりたい事が相手に理解してもらえないとイライラする事がありました。今でもたまにあります。

そういう時の感情は「怒り」と、その後に理解されない「悲しみ」が出てきます。

よかれと思って言ってるのに、なんでわかってくれないのだろう。

と落ち込みます。

これはまさに先ほどお話した

「相手はこんな反応をするはず」などの前提条件が無意識に含まれているから、落ち込むのです。

相手の答えや反応をコントロールすることは不可能に近いのです。

よく考えたら当たり前ですよね。人にはそれぞれ優先したい価値感があるのですから・・・。

「相手に非現実的な期待をする」

とこのように疲れるだけです。

そして精神衛生上、よくありません。

自分も傷つき、相手も傷つけてしまう事はもちろん望んでませんよね?

そのためには相手に非現実的な期待をする事をやめることです。

期待するなとは言いませんが、自分でコントロールできない事に注力しても結果は変える事が出来ないと理解する事が大切です。

結果よりも過程や自分の行動(相手の行動ではありません)をコントロールする方がよっぽど健全です。

この考えは色んな場面で応用可能です。

最後にこの文章を。
神様 私にお与えください。
変えられないものを 受け入れる落ち着きを
変えられるものを 変える勇気を
そしてその二つを 見分ける賢さを。

私の部屋にはこの文章が飾ってありますので、毎日無意識に読んでいる事になります。

こうやって日常生活のなかで潜在意識にすり込むやり方は効果的です。

よかったら日常に自然に組み込んで見てください。

トイレとか洗面所でも良いし、今は携帯に毎日決まった日時にメールを送る機能もあります。

このように、ちょっとした工夫次第から変化へのきっかけを掴めます。

きっかけはそのへんに転がってます。

常にアンテナをはっていれば、魚が網に引っかかるように、自然に自分の中に入ってきます。

これは自分の経験上、断言できます。

強く意識していれば、必ず必要な情報に繋がるような出来事に遭遇します。

きっかけをつかみましょう。

きっかけを入手したい本気の方は下記メールセミナーを利用するのも一つの手です。

※メールセミナーの特典として初回オリエンテーションを無料で提供しております。

↓特典を手に入れるには、こちらのセミナーに今すぐ登録してくださいね↓

>>>>>>メールセミナーはこちらで登録できます<<<<<<

>>>>>>セッションに興味のある方はこちらまで<<<<<<

家族依存専門セルフケアカウンセラー 井上秀人

 

Pocket