Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

今日もウェブセミナー時に
頂いた質問にお答えします。

——————————

 

こんにちは。はじめまして。

Kと申します。

私は長女で、親のそばに家を
建てて住んでいます。

共働きのため、こどもが小さい
ときから何かと生活面で協力し
てもらい、というか、

してもらいすぎるくらい手助けを
してもらっています。

それについては本当に感謝して
いるのですが、その気持ちとは
うらはらに、両親にきつく
当たってしまうことが多く、

口答えや反抗をこの年になっても
しており、子供達もそんな私を
見ているので、親や祖父母に
口答えや反抗をしてしまいます。

母は、とても口うるさく、
こうでないといけないみたいな
こだわりが(特に勉強面、生活面)強く、

私も口うるさく育てられましたが、
孫たちにも、今の私にも相変わらず
干渉、過干渉な態度で接してきます。

自分が正しいと思うことを
押し付けてきます。

私はそれがとても嫌で、煩わしく、
また文句を言ってしまう悪循環です。

孫たちへの勉強面では本当に口を
出してきて、孫たちもとても嫌がります。

で、私はそんな干渉的な母のことを
憎んでいるのに、自分も子供達に
干渉しているのです。

娘に、ママはばあちゃんと全く
一緒と言われてしまいます。

父に対しても昔から、どこかばかに
してしまってて、それは外で仕事は
できるけれど、家ではわがままで、
母を困らせたり、寂しがり屋で

かまってほしい気持ちの裏返し
ですねたような、機嫌が悪い態度を
とる父に、

人としてどうなの?

と軽蔑して見てる感じです。

それがやはり態度にも出てしまい、
父からお前は自己中心的で人の
気持ちを考えずにものを言う。

もっと優しくならないといけないと
言われ、それにまた腹を立ててしま
います。

いろいろやってもらって感謝して
いるのに、親に対して、うっとうしいと
感じたり、それ以上入ってこなくて
いいからと思ったりして、複雑です。

そんな私も、外面と家の中での態度が
違って、家の中では、自分の感情で
ものを言ったり、ものにあたったりして、

大人げない態度をとってしまって、
言ってることと実際の自分が矛盾
しています。

子供達にこんな私と両親のような
親子関係を見せ続けてきたこと、
今からでも自分を変えて正しい姿を
見せていきたいのですが、

私が親に対して思っていることを
取り除かなければと思っています。

母は、父にああしろ、こうしろと
常に指示して、自分の思うように
相手を動かそうとします。

父は文句を言いながらも、言われた
ことをやったりしてます。

私も、夫や子供達を自分の中の
正しさで思い通りに動かそうと
しているところがあり、

夫からは、お前の思い通りにして
今まで我慢してきたけれど、

もう我慢できないと1年前くらいに
切れてしまい、不倫に走りました。

それだけが理由ではないでしょうが、
家に居場所がないと。今も続いている
のかどうかは分かりません。
絶対に認めないので。

でも、私に対する気持ちは冷めてし
まい、こどものためだけにと夫だけが
仮面夫婦です。

私が相手をコントロールしようと
するのは、過干渉な親から受け継いだ
ものではないかと、責任転嫁して
しまっていますが、

こういう場合私は親に対して、
どうしていけばいいでしょうか。

どう気持ちをきりかえたら
いいのでしょうか。

よろしくお願いします。

長文になり失礼しました。

—————————–

Kさんの文章からは、

「わかってほしい」

「子ども扱いしないで!」

というニュアンスが伝わります。

両親に感謝している一方で
うっとうしいと思ったり、
きつく当たってしまうのは、

感謝とうっとうしいを
天秤にかけたときに

Kさんの満たされない気持ち
の方が重いからではない
でしょうか。

まずは、

Kさんの中にある本当の
思いを見ていく必要
ありそうです。

そこが未消化だから、

子供や夫に同じような
言動をしてしまうの
でしょう。

“無意識”に自分も幼い頃から
干渉されてきたので
家族にしても良い!

と思っているのかも
しれません。

ハッキリ言うと、

お子さんもそんなKさんの
満たされない思いを取り込んで
しまっているので、

祖父母にも攻撃的に
なるのだと思います。

Kさんの思いに同化して
いるとも言えます。
(母に一体化)

きっとご両親もいろいろと
面倒を見ているという自負も
あるので、

ついきつくいってしまうの
でしょう。

自分たちが世話しているから
何とか家族として成立できて
いるという思いがあれば、

多少のことなら見返りと
して言ってもいいと思う
可能性はあります。

近くに住んでいるからこそ
もつれるとこういう問題に
発展もしてしまいます。

だからこそ、

純粋な気持ちで感謝できない
のかもしれません。

まずは、感謝する前に・・・

本当の思いを認識して
みて下さい。

「親になんて言ってほしかったか?」

「どんなかかわりをして欲しかったか?」

認識できたら、

当時感じた感情や思いに
フォーカスして下さい。

「悲しかったのか」
「怖かったのか」
「孤独だったのか」
「怒りを感じていたのか」
「不安だったのか」

しっかりと感じられれば、

その時点でほとんど
わだかまりは解消
されていきます。

ただし1人でやる場合は
カウンセラーやあなたの
ことをしっかりとサポート
してくれる

安心できる人の力を
借りて下さい。

感情を扱うのは1人では
パンドラの箱を開ける
可能性もあるので、

そこだけは注意して
下さい。

親に気持ちを伝える伝えないは
そのあとでも十分です。

逆に自分自身の思いを
ないがしろにしても
うまくいきません。

まずは自分を、

自分の感情をどうか大切に
宝物のように扱って下さい。

宝物も壊れたら補修します。

それと一緒で

感情も傷ついたら補修すれば
治ります。

時間はかかるかもしれませんが
本気で治そうとすれば、
なおります。

応援してます。

 

「親への罪悪感とサヨナラしたい!!」

とお悩みのあなたへ

親への罪悪感はカタチを変えて
パートナー、子供、恋人などの
身近な人間関係やお金、健康にまで
悪影響を及ぼします。

その理由は「本来のあなたの生き方と
ズレた生き方をしている」から。

ということは、あなたの親との関係性の
中で作られた、今では不要な罪悪感を
見つけることが、あなた本来の人生を
生きる近道となります。

まずは「書き出す脱出法3ケ月集中コース」
がおすすめ。

書き出すことで3か月後には親から
取り込んだ不要な罪悪感を手放し、
お互いに居心地の良い親子関係を
手に入れられるので、

今抱えている悩みがス~ッと消え、
あなた本来の人生を軽やかに自由に
生きられます!!

井上と一緒に3ケ月間、取り組んで
みませんか?

まずは無料メールセミナーを受講して
井上という人間が信頼できる人間か
どうか確かめてみてください。

■無料メールセミナー
「親の支配を乗り越え、自分の人生を取り戻す7つのステップ」

※上記はメールセミナーページへのリンクとなります。
ページを経由せず、すぐに登録したい方は、下記の
登録フォームから5秒で登録可能です!!


■特典①

500以上受けてきたワークの中から厳選した
「あなたの価値ある生き方を発見できる魔法のワークシート」
更に実際のワーク記入サンプル例もお付けします!

■特典②
あなたはどのタイプ?「アダルトチルドレンの5つの特徴」
を動画で解説

■特典③
期間限定 問題解決のためのアフターフォロー

※無料メールセミナーは下記のフォームより登録できます。






は必須項目です。

無料メールセミナー ~親の支配を乗り越え、自分の人生を取り戻す方法~ 登録フォーム
 
名 
メールアドレス 


■YouTube動画人気ランキング(※タイトルクリックで見れます)
1位:アダルトチルドレンの5つの特徴とは?(2分54秒)
2位:無口には理由がある!?(3分00秒)
3位:モラハラを引き起こす2つの理由(3分48秒)

⇒井上のYouTubeチャンネルの登録はこちらから!!

Pocket