Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

今日は今年の1月に死去された船井幸雄さんの著書「未来への言霊」から抜粋してお送りします。

実は私は、いままで船井幸雄さんの事は何となくしか知りませんでした・・・。

名前は知ってるしコンサルタント会社として物凄く有名な船井総研の創業者だということ位しか
知識がありませんでした。

お恥ずかしいですが、ほぼ無知といってよかったのです。

たまたま本屋で船井幸雄さんの最後の遺作という「未来への言霊」が目に入り直感で購入。
私は本を買う時はほとんど直感です・・・。

読後の感想は、とても幅広い内容で、一言で言うとスケールの大きさに包み込まれました。

正直分からない部分もありましたが、理屈ではなく本から船井さんの思いを感じたのです。

日本の歴史から政治、日本人の特質、世の中の仕組み、宇宙の法則、この世とあの世、地球、自然、波動、
ツキ、人財、本物、アセンション、リーダー論までもう人生のフルコースです!(笑)

ただ全体を通じて1本芯が通っているので、割とスムーズに読めました。

とにかく日本人の素晴らしさ、これから世界を動かすリーダーは日本人だ!という日本人でよかった!という
誇らしさも改めて思い出させて頂きました。

以下、私が個人的に響いた内容を抜粋します。

【日本人の特性】

①争いが嫌いで下手。和を好む。
②残虐な事ができない。思いやりがある。
③いやなことは忘れるのがうまい。恨みを持たない。プラス発想型。
④策略好きではない、下手。
⑤「恥」の文化。「清」を大事にする。
⑥「自然」に一体化するのが好き。自然を理解できる。
⑦「直感力」は非常に鋭い。
⑧大衆は「我執」と「金銭欲」に無縁な人が多い。
⑨よく学び、よく働く。
⑩他に干渉したがらない。包み込みができる。

この特性を日本人が持っているからこそ、これからの大激変の世の中を救う担い手が日本人なのです。

次はいきなり難しい話?ですが「波動」について。波動といっても難しいものではなく、「思考」や
「あらゆる情報」「オーラ」もそうですね。世の中は細かくいうと全て波動から出来ています。

【波動の4つの性格】

①同じような波動は引き合い、集まり、増大する。
②違う波動間では干渉し合い、相殺する。
③出した波動は返ってくる、フィードバックの性格を持っている
④波動には優位と劣位があり、優位の波動は劣位の波動をコントロールできる。

続いて、「運を呼び込む方法」です。まずは自己責任で何でもやり、逃げない人間なのが基本。
あとは、運のいい人、ツイている人となるべく多く付き合うこと。ただし、自分の運がよくないと、
一般には運の良い人は付き合ってくれない。だから自分の運を上げる必要があるそうです。

そして言葉と気持ちが何より大切。

「ありがとう、感謝します。」

「ごめんね。」

「愛しているよ。」

自分自身に向かって言ってあげる事です。

続いて「人財」について。

吉田松陰が多くの志士を輩出した事で有名な「松下村塾」の教え。

テーマは人間性。

誰でも正しい人生目的を持ち、頑張れば、大事をなせることが分かるし、人間は頑張ることによって、
頭がよくなり、力が付き、事をなせる証明でもある。

もう少し細かく見ると

■長所伸展を心がけ、短所には触らず、世のため人のために尽くした。
■人を好きになり、ほめて、認めてあげて、喜ばせてあげた。
■他人の欠点は指摘せず、また自分の自慢はしなかった。
■その人の周辺の良い所を本人に教えて、自信を持たせた。
■良いと思ったことはすぐにやらせるようにして、悪いと思うことはすぐにやめるようクセづけた。
■常にプラスの発想をして、どんなことも上手くいくと信じさせた。

これなんかは、まさにカウンセリング、コーチングに通じる内容です。

次は「幸せと成功について」

この2つは人として終生の挑戦目標といっても良いと思います。

しかし、あえて「幸せが基本」と言いたいのです。基本的には「幸せ」と「成功」は
無関係な場合がよくあります。なのでまず「幸せになって下さい」。

幸せは自分で自分の幸せを認めてあげればできる事。

【幸せになる為の6つの条件】

①長所を見つけ、つくり、伸ばす。
②すべてプラス発想できる。
③なんでも好きになり、大事にできる。
④制約をどんどん外せる。
⑤どんどん委ねることができる。
⑥自分を評価できるようになる。

そして、勇気について。

自分の心を振り返った時に、それが正しければ、たとえ相手が千万人であっても私は立ち向かっていく」

いまの日本人には勇気を持つ人が極端に少ない。

それは多くの人達が、人並にそこそこ暮らすことができれば、それでよいという発想を
根底では持っているからだと思われます。

「人並にそこそこ」とは言うが、実は謙虚で無欲なように思えて、その実、自分だけが良ければ
他はあまり関係がないという要素が多く含まれているからだと言える。

今と今の自分のことだけで限界になっているわけだから、これでは世のため人のためにならず、
たとえどんなに小さな勇気であっても、その積み重ねが自分を変え、いずれは世の中でさえも
動かしていくのではないでしょうか。

最後に

【成功の3条件】

①素直
②勉強(学び)好き
③プラス発想

長くなってしまいましたが、これらはごく一部です。

人間の、世の中の、社会の「本質」や「在り方」が学べます。

やはり1冊の本から得られる事は偉大です。

【編集後記】

これから対面セッションが入ってます。

クライアントさんを信じて、有意義なセッションにしたいと思います!

 

Pocket