Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

人間関係の悩みの1つに、自分を殺してまで相手に喜んでもらおうと頑張ってしまい、結局相手の都合のいい人間になってしまっている。。。。なんて事があります。

この文章を読んで、あなたの頭に1つや2つ、そのような経験をしたことが思い出されましたか?

恋愛関係などで相手の為にとことん自分を犠牲にしてまで尽くしてしまうとか・・。

なぜこのように自分を犠牲してまで相手に尽くしてしまうのでしょうか?

その心理背景の1つに、「相手に気に入られれば自分の存在価値が感じられ安心する」 といった相手ありきの基準があります。

これは、ここ数回コラムで書いてますが「境界が曖昧」になっているパターンといえます。

自分に焦点が当たらず、相手ばかりに焦点があたってるので、苦しい生き方になります。

本当の自分の声を無視しているので苦しくなるのです。

想像しただけでも苦しくないですか?

でも、過去に相手に尽くす事で良い体験をした事が、未だに心の中で残っていて反射的にそのような対応をしてしまいます。

自分を守る為に相手の機嫌を損ねないように、怒らせないように、恐怖の感情が根底にあるのです。

恐怖の感情は人を無理やりにでも動かすのです。

命の危険があったらどんな状況でも回避しようとしますよね?

相手に尽くしているようで本当は、相手から見られる自分を気にしているのです。

あなたは子供の頃にこんな経験はありませんでしたか?

・自分の意見はほとんど聞いてもらえず無視された

・世間体を気にしいつも周囲と比較されてきた

・失敗すると人格を否定され怒鳴られた

・親の期待に応えられないと家の恥だと罵られた

これらは全て相手の価値感や期待に応えられないと、自分の存在が否定されることを意味します。

子供にとっては愛情を受けるべき時期にこのような出来事を繰り返し経験すると、起こった出来事を正当化しようとします。

なぜなら、ありのままに事実を受け入れるには、子供にとって耐えられない位の恐怖だからです。

壊れてしまう前に自己防衛本能として、「自分が悪いから怒られるのだ」と理由をつけて納得させるのです。

どうせ自分が悪いんだ・・・、こうやってありもしない幻想を抱きながら大人になって頑張って生きてきた人がどれだけいることか・・・。そういう人は今でも頑張りすぎる位、頑張ってます。

でも空回りして人間関係に疲れてしまい、そんな自分を見せたくないからまた頑張る。

そうやって自己否定感を抱えながら、相手に尽くす事で安心=自己肯定感を得ようとするのです。

孤独よりも、相手とのつながりを選ぶのです。

自分の価値を感じようと必死なのです。でも自己否定から全ての言動行動がスタートしていると、一生自己否定感が無くなる事はないでしょう。ダイエットでも相手に良く見られたいという他人基準が目的になるといつまでたっても満足できません。

なぜなら他人の基準は人によって違うし、際限がないからです。

一方、自分がお気に入りの服を着たいからとか、健康の為という目的ですと結構な割合で上手くいきます。

自分を基準にすると、その時点で他人は関係ないのですから。

この苦しみはなかなか他人には言えないし、わかってもらえないと思ってしまいます。

なぜなら私がそうだったから、そう思えます。

信頼できる人に自分の過去の事も含めオープンに開示する事で、共感しあえたり、別の視点からの考えを聞けたり、「相手を通じて自分を知る事」が1番のアダルトチルドレン回復への近道だと感じます。

他者を通じての心の傷は、同じように他者を通じてケアしていくのです。

その繰り返しが、境界を学ぶ事につながり、相手と自分を相互に独立した存在として理解できるようになります。

関連本や自分の状況や過去を分かり合えない人との話だけでは、なかなか思うようにはいかないはずです。

しっかりとプロの視点からサポートを得たり、同じような経験をしてきて克服の過程にいる人などのグループに入って自己開示の練習を重ねたり、何か自分が興味関心のあることに没頭する事で同じ仲間と巡り合いそこから信頼関係を学び直したりします。

色んな回復への過程がありますが、プロのサポートを受けてみることも1つの方法です。

可能性と選択は無数にあります!

下記メールセミナーを利用するのも一つの手です。

※メールセミナーの特典として初回オリエンテーションを無料で提供しております。

↓特典を手に入れるには、こちらのセミナーに今すぐ登録してくださいね↓

>>>>>>メールセミナーはこちらで登録できます<<<<<<

>>>>>>セッションに興味のある方はこちらまで<<<<<<

家族依存専門セルフケアカウンセラー 井上秀人

Pocket