Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

【ネガティブ感情に支配されないためには?】

今日は私が最近実感した事例を元にお話しますね。

先日、色々重なって心のゆとりがなくなる出来事がありました。

心がザワザワし、呼吸が浅くなっているのを
感じたので、気持ちを落ち着けるために深呼吸を
することにフォーカスし、

ネガティブ感情に飲み込まれるのではなく、
まずは感情の渦から一歩引いてみることにしました。

そのあとに、本当は避けたかった事に(避けたい理由は
思い込みであることが多い)向き合ってみました。

時間的な問題もあったので、避ければ避けるほど
あとで自分の首を絞めることになると思い、感情に振り回されて
「えいやッ!」と勢いで対応するのではなく落ち着いてから対応してみました。
(対相手との問題でした)

結果、すべてが思い通りにうまくいくわけではなかったですが
逃げずに対応した自分を少し誇らしくも感じ、
家に帰ると途中で、このように感情を解放しました。

感情解放の方法

・あ~、相手の反応を自分の期待通りに当てはめようとしてたな。

・私も相手の態度に悲しかったけど、相手も同じく悲しかったのだろう。
相手は自分の鏡とはまさにそのことだな~・・・。

・思いの行き違いが感情的にさせ、「勝ち負け意識」が出てきて自己保身に走ってたな・・・、
そりゃ、相手も面白くないわな。

・今回の心のザワザワのおかげで、自分の気持ちに向き合えた。良かった。

・怒りの手前にあった悲しみを受け入れたので、落ち着けた。

こんな感じで、心の奥にある感情を包み込むように、
語りかけ、愛でるように受け入れてみました。

家に着く頃には、すっかり気持ちも軽くなってました。

こんな風に、感情を無視せずに、受け入れて感じきったあとに
どう行動するか?

カウンセラーの結論

私が出した結論は、、、

最後にはカウンセラーはなんでもネタになる、ブログに
書こう!とすっかり違う方向にシフトしてましたとさ(笑)

もしあなたの日常で同じような事があったら
どう対応していたでしょうか?

少し時間をとって想像して見て下さい・・・・

相手のことを

「分からない人だな~、分からせてやろう!」
「怒りの感情を我慢しなきゃ」
「なんで毎回こうなるんだろう・・」
「まずは相手の機嫌を直さなきゃ!」

こんな風に思いますか?

それとも、

「相手は今、どう思って何を感じているのかな?」
「まずは話を聴こう」
「考えは違うけど相手の言うことに共感出来るところはないか?」
「自分のことばかり考えてないかな・・」

こんな風に思うでしょうか。

実は、感情に正解不正解はありません。

どう感じても良いのです。

あまりこうだから良い!こうだからダメ!と考えると
それこそ息苦しく疲れてしまいます。

これでは本末転倒ですよね(>_<)

少し振り返って、自分が苦しくないかな?
なんか満たされないな・・・なんだか違和感を感じる。

このように思うのであれば、

それは本当のあなたからの心のサインだと
思います。

心がざわつくとき、身体が反応します。
熱くなったり、硬くなったり、鳥肌立ったり、

「身体は正直」です。

嘘やごまかしはききません(きっぱり)!

その反応は、わざわざ潜在意識が自分に教えてくれているのです。

だから心のザワザワ(身体の反応)は心からの
サイン=プレゼントなのだと

考えるように、私はしてます。

あなたは日頃、自分を客観的に見つめる時間を
意識的にとってますか?

もし、現実に自分が望まい事ばかり起こっているのでしたら、
(起こるというより、なるべくしてなってます)

そんな時こそ、自分を見つめる事が大切。

「定期的に自分をメンテナンスすること」

これはカウンセラーでも同じですし、むしろカウンセラーだから
こそ、とっても大事だと私は最近、腑に落ちました。
頭では分かっていたのですが、人間、おごりや散漫は出るものです。

学びや成長に終わりはないのですね。改めて実感しました。

⇒もっと学びを深めてみたい方はこちら

Pocket