Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

今日から世間は連休に入りますね。

私はほぼ仕事です。
連休中の方が時間を確保しやすいのか、
個人セッションの依頼が入ります。

さて、良い大人になって
久しぶり叱られ?ました・・・。

今、グループカウンセリング開催の
告知をしているのですが、

http://hide1010.com/group-counseling/

多くの方々からこんなお声を
頂きました。

「井上さん、さすがに月4回も予定合いません!」
「仕事が不定休なので行けない日がすでにあります!」
「1日でもいけないと参加する気になれません」

などなど、毎週1回(月4回)は
ハードルが高すぎる!との
お叱り(愛あるご意見)を頂戴しました。

そんなに暇じゃありません!
とも言われました・・・。

皆さん、忙しいですものね!
そりゃ参加したくても出来ない
はずです。

そこで少し葛藤・・・。

もう既に告知しちゃったし、会場の件も
あるし。どうしよう。

「う~ん、今更感ないかな。」

でもこれって全て私個人の勝手な考え。

目的は参加者の要望を少しでも
形にして、参加したい!と思って
頂くこと。

ハードルがあるなら取り除くこと!

そう思って、既に申込み頂いた
参加者の方に急遽相談しました。

「月2回、2か月の期間でも大丈夫ですか?」

〇〇さんの参加できる日を
最優先に改めて予定を組み
直してもよろしいでしょうか?

と恐る恐る確認してみました。

もしかしたら

「それはないよ!今さら何で!」

なんて怒られやしないか・・・?

と心臓バクバクしてたら、

「月2回2か月でも大丈夫です」

という御返事を頂きました。

予定変更を快くご承諾いただき、
本当にありがとうございます。

ホッ・・・、理解のある優しい方で良かった。

そこで、月2回2か月の期間に再設定
して改めてページを修正し直しました。

「月2回だったら参加できます!」

という声もあったので、変更した所、
さっそく参加表明を頂きました。

すでに “残席半分” になってますので、

既にページを見た方も、

まだの方も、改めてチェックする
ことをおすすめします。

内容もテーマを設けて、どんな悩みを
話せ、参加した後にどうなるのか?

をより明確に打ち出しました!!

バージョンアップしたグループカウンセリングの
詳細ページは下記からチェックできます。

悩み「見える化」グループカウンセリングページ

http://hide1010.com/group-counseling/

私のクライアントさんでも多いのですが、

親との問題を自分のパートナーや
知り合いに話しても、なかなか
理解してくれない。

相談しても、

・親だって大変なんだよ
・もう年なんだからかわいそう
・親の立場になれば分かるよ
・いつまで親の悩みをグチグチ言ってるの!
・あなたのためにももう忘れなさい

こんな風に言われて、

「結局自分が悪いのかも・・・」

と責めてしまう。

でも井上さんのところに相談に
いったら、

自分を責めるのはおかしい!

ってことに気づいた。

こういったケース本当に多いです。

悩みを相談するなら、適切な人もそうですが、
適切な環境を選択し、

「同じ悩みを抱えている」

または

「同じ悩みを課題にして乗り越えてきた」

そんな人に相談することで、身近な人に
相談するより断然、解決への糸口を見つける
スピードが違います。

あなたがもし、

悩みを相談しても問題が解決するどころか、
同じような出来事や状況に振り回され、
グルグルと悩みが無限ループしているならば・・・・、

グループカウンセリングという
適切な
環境と適切な人が集う「場=環境」
に勇気を
出して、

その一歩を踏み出してみませんか?

悩み「見える化」グループカウンセリングページ

http://hide1010.com/group-counseling/

あなたにお会いできるのを
心よりお待ちしております。

Pocket