Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

タイトルにもありますが、スティーブ・ジョブズが有名な
スピーチで話していた「人生の点が線につながる」話を
カウンセリングになぞらえてお話したいと思います。

ちょうどお盆休みの方も多いのではないでしょうか。
今日はやや涼しい(それでも暑いですが・・・)気候なので
外出にはもってこいですね!

しっかり休んで日頃の疲れを癒して、
ご先祖様に感謝できると良いですね。

お仕事の方はお疲れ様です。
周りが働いている時にゆっくり休みましょうー。

ここからブログです。

 

私のセッションの初回は「ライフライン」というワークをやってもらう事が多いです。

その名のとおり、「ライフ=人生 ライン=線」、人生の流れになります。

今まであなたが生きてきた人生を客観的に振り返り、線で表現するワークです。

横線と縦線が交わり交わった部分(ゼロ)から下側がマイナス、上側をプラスとします。

そして、時系列で分けて(幼少期~小学校~中学校~高校~大学~社会人~現在)
自分の過去の出来事を線で書いていきます。

線がマイナスに向かってガクンと下がっていたり、その逆でプラス側に伸びていたり、
極端に振れ幅が大きくなっている部分は印象に残っている出来事を箇条書きで書いてもらいます。

中にはジェットコースターのようなラインの方もいますし、
下がった箇所や上がった箇所に、何か共通の出来事や環境が絡んでいるケースもあります。

これ、時間を取れば意外と簡単にできますし、発見だらけ!

なので、かなりおすすめです。

あなたは、こうやって自分の人生を振り返る機会をとったことはありますか?

もしなければ、1度やってみて下さい。

気づきが必ずあります!これは保証します。
今までやってきた方全員が色んな気づきを得て、ご自身の人生に納得されたり、
そういうことだったのか~と腑に落ちて、過去の意味を見出したり、

自分の強みを発見したり、辛く大変だった経験から大きな転機を迎え
自分の人生の方向性を見出したりと・・・、

本当に多くの気づきを得ることができます。

お1人お1人、過去には色んな思いもあるでしょうが、
こうして人生を俯瞰すると、自分の望むように人生を歩んできているんだな~

と思います。

意識では望んでなくても、ライフラインで見える化する事で
やっぱり人生、自分で決断して今に至っている、

過去の積み重ねの選択が今を作っているんだな、と改めて思えます。

すみません・・・・、ここからクライアント様の実際の体験談になります。

前置きが長くなりましたが、ライフラインを実際にやってみた私のクライアントの
Kさん(女性)の感想です(ご本人の掲載了承は得ております)。

===============================================

セッション後のスッキリがそのまま続いていて、おかげで、夕方からの仕事もいつもより
リラックスして取り組めました!(^^)!

そのせいか(?)普段はあまり話さない人とも会話が弾んで、なんだかとってもいい一日を
過ごせました

セッション始まりのときに
「ライフラインをこんなに書き込んだ人は初めて!これも才能といえる!」

という井上さんの言葉が妙にうれしくてくすぐったくて、でもやはりとても嬉しかったです。
特別すごいことだとも全然意識していなかったのですが、素直に受け取ってみようと思えました。

ライフラインに思いつくままを書き出すうちに、いやな出来事もフラットに見れるように
なっていたような気がします。

なので、ライフラインの説明を話している最中も穏やかに淡々と話せましたし、
すべて出し切って心がスッキリと軽くなっていました。

改めて「書くこと」と、そして「話すこと」のパワーを実感しました。本当にすごいですね!

何度か繰り返しているネガティブなサイクルがあって、どうにかしたいなと悩んでいたのですが、
反対に、調子が上向いていくサイクルも絶対にあるから!という言葉がとても心強く感じて、
前向きになれました。

ライフラインの内容としては、今の自分が思っている以上に10代は音楽が大好きで、いつも身近に
あったことを再認識しました。音楽との関わり方は変わっていっても、その時々で毎日の生活を
支えてくれていたのかもしれません。

そのおかげで充実した時間を過ごせていたのかもと思ったら、自然とありがたいなと感謝が
わいてきました。でも、そんなにも大切な存在だった音楽と好きだった気持ちを、いい加減で
少し雑に扱ってしまっている気がします。

ただ忘れていたというよりも、忘れ去ろうとしていたような感じが少しするので、その点は次回までに
また少し記憶を整理しようと思います。

井上さんが重要視していらっしゃる書く行為のすごさをとても感じました。

また私自身も昔は自分で書きだして気持ちの整理をしていたこともあったから書くこととの相性がいいの
かもしれません!全然苦痛ではなく、むしろまだまだいくらでも書けそうです!!

これは、わたしにとって希望の光のように感じたのです。大げさかもしれませんが、
本当に、それくらい、感じたのです。

===============================================

Kさん、私が勇気づけられました!
ありがとうございます^^

私がライフラインの良さを話すより100倍説得力あります(笑)

このように過去の自分の人生を客観的に振り返る事は、過去の出来事をいい思い出も
悪い思い出もひっくるめて、自分の中で受け入れる効果があります。

また、自分の強みや価値、好きで得意な事を見つける事もできるので

まさに一石三鳥!?位の効果があります。

そして最後にはほとんどの方がこう言います。

「色々あったけど自分の人生悪くないですね・・・」
「この辛かった過去や良い思い出が今につながって活きているんですね・・・」

この言葉にまさにご自分の過去を受け入れた瞬間が垣間見えます。

ここからカウンセリングが本格的にスタートするので、自分を振り返る事が
どんどん楽しくなってくるのです。

辛く苦しい事もありますが、それも含めて自分を知る事になるんだ、と
直感で認識されているのだと思います。

こんな感じでセッションをやってますので、興味のある方は下記までどうぞ。

「お悩み相談を初回無料」で受け付けております。
こちらのメールセミナーにご登録頂ければ、特典として差し上げております。
⇒今すぐこちらまでご登録ください。

【編集後記】

前々回のブログで認知行動療法について書きます・・、とお伝えしましたが
違う内容で2回書いてしまいました。忘れてないので大丈夫です(笑)
今日、知人に指摘されて気づきました(忘れてたんかい!)。

Pocket