Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

最近、お笑い芸人カラテカの入江慎也さんの著書「社長が落ちる接待力」を読みました。

きっかけは何となく手にとって・・・でしたが社会人にとっても役立つ話が書いてあり
お笑い芸人本というよりも組織で働くビジネスマン向けです(もちろん人間関係全般に参考になります)
読みやすい内容なので本が苦手な方にお勧めです。

この人脈力は凄いです(ただの合コン好きの調子のいい人と思ってました。済みません!)

こんな感じで特に今まで興味のない芸人さんでしたが、人間性を知り、また違った視点で親近感を
持って見れそうです。どうしても人は先入観で色んなことを判断してしまいがちですが、
自分の思い込み1つで世の中は良くも悪くも、大きく変化するチャンスに溢れているな~、

そんなことも感じました。

「オーイエー!アーイエー!オレ、イノウエー!」

知ってますか?さっそく入江さんの持ちギャグをパクリました。

あれ!?微妙な空気感かな(汗)

さ、え~と・・・・、ここからブログです。

===================================================================

 

カウンセリングの質問手法の1つに「ミラクルクエスチョン」というものがあります。

どんな質問か先にお伝えしますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「朝目が覚めたら、あなたが抱えていた問題が全てスッキリ解消された
理想の状態になっています。
解決された今の状況はどうなっていますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

如何でしょう。

もしかしたら、あなたもどこかで聞いたことあるかも?

「どこがミラクルなの!」
「なんだ、よくありがちな質問じゃん!」

と、思う前にまずは取り組んでみて下さい。

私も最初は同じように、何となく肩透かしな感じを受けたので
お気持ちは分かります。

でも、まずは自分でやってみて合うか合わないかを
判断するほうが結果的に自分にとって良い事のほうが多い、

そう今では思います。
可能性を自ら狭めるなんて、もったいないですものね!

この質問の目的はずばり、

 

「視点を変える事」です。

 

問題に悩んでいる「今」ではなく、

解決された「未来」にフォーカスします。

あくまで解決に焦点をあてます。

 

そしてポイントはしっかりとイメージする事です。五感をフル活用しましょ!

五感を意識すると、物凄い効果が出ます。

●視覚・・・見える風景、自分の姿、誰と一緒かなど
●聴覚・・・会話や音楽、周囲の音など
●体感覚・・・体の感覚(外側、内側)
※該当すれば味覚、嗅覚も感じてみる。

上記の感覚のなかで自分にしっくりくる感覚(優位感覚といいます)を使ったり
感覚をいくつかMIXしてみたり、よりリアルに感じられるまで何回か繰り返してみます。

リアルに感じる事で、

「現実とイメージの世界の違いを認識できない」

潜在意識の力をフルに利用します。

そして、

・今、始められる事
・すぐにやめる事

を取捨選択して、まずは1つでもいいのですぐに行動に移してみます。
一番簡単でハードルの低いことから始めるのがポイントです♪

簡単なことだったら、すぐにできそうですよね?

その際、上記のポイントを意識してみましょう。

分かりにくかったかもしれないので、下記に簡単な事例をあげますね。

【課題】

しばらく距離を置いていたので父親と会うのが億劫。不安。

解決された理想の状態】

父親と自然な形で気軽に会える関係になっている

【行動】

・父以外の家族(母や兄弟姉妹)に自分の気持ちを伝言してもらう
・プレゼントを贈る(会うきっかけをつくる為の口実をつくる)
・自分からメールしてみる
・手紙を書いてみる
・電話してみる
・趣味に付き合ってみる

上記の中でこれなら自分にできそうだな!と思うものを1つ選んでみます。

因みに私の場合は、手紙を書きました。
それと散歩に付き合いました。

面と向かって話が出来なくても、散歩だと何となく会話が無くても気になりません。
ただ近くにいて同じ空気を吸っているだけで、人は安心するものです。

家で1人でも出来るワークなので、あなたもぜひやってみてください。

参考になったら嬉しいです^^

今回のような1人で出来る効果的なワークを下記の無料セミナーでお伝えしてます。
7ステップ受けると自分1人で問題解決できるコツが手に入るように設計されていますので
興味のある方は下記までどうぞ。最後まで読んで頂いた方には限定特典をプレゼントしております。
⇒無料ステップメールはこちらのページから登録できます。

【編集後記】

以前、お笑い番組で入江さんが出ていたのですが、確かうまくネタが振れなかったとか
そんな理由で収録中に泣いてしまっていました。その姿を今でも覚えていて
打たれ弱いイメージがあったのですが、今ではこうやって本も出せるような
独自の強みがあるんですね(人脈力)。逆に本業のお笑いではない部分での武器が
かえって注目されたのかもしれませんが、競争の激しい芸能界でこうやって勝ち抜いている
姿はとても参考になります。

Pocket