Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

先日、メルマガ読者の方から
メッセージが届きました。

普段、クライアントさん以外の
方への個別のお悩み相談はお断り
しております。
(電話でもメールでも)

理由は単純。

お金を払ってくれている
クライアントの方にに申し訳
ないから。

ただ、せっかく勇気を出して
頂いたメッセージを全く無視する
のも何なので、

私のメルマガ読者の方の役に立つ
だろう内容の場合は、
(共通していそうな悩み)

メルマガ上でのみ、アドバイス
しようと思います。

メルマガの登録はこちらから
http://hide1010.com/mlmg/

もしメルマガ上の返答で良ければ
メルマガに登録頂いた上で
下記の感想フォームに返信下さい。

※メルマガ読者以外には返答出来かねます。

https://www.mshonin.com/sp/?id=482040584

必ず採用する確証はできないけど、
1通1通大切に心を込めて読ませて
頂きます。

子供との関係に悩んでいる毒親からのメッセージ

普段、私は親との関係性や親の
価値観の影響で大人になった
今でも苦しんでいる方に向けて

メッセージを送っているが、

先日は親の立場の方からの
御相談でした。

1部抜粋して要約します。

——————

子供との関係がうまくいってない。

きっと過去によかれと思って
色々言ってきたことが、本人にとっては
支配コントロールに感じたのでしょう。

知らない間に、子供からしたら
「毒親」になっていたのです。

今はもう、 親の発す言葉全てを
批判、非難、文句、としか思わない様子。

耳を貸さない状態の息子。

息子に、

・褒めてもらえなかった
・こうしたらいい、と押し付けられた

こう思わせてしまったようです。

私たちの言い方が悪かったんだね。
親一年生で心配しすぎたかもしれない。

と心から謝ったことがあります。

それからしばらくは良かったのですが
なかなか自立できないことでイライラ
しているようで

こうなったのは親のせいだと壁を
作っています。

親がどうしたらいいか?
こんな状況の場合、親としてできる
ことは何か。

親として、どう考え対応していくのが
良いのでしょう?

——————

私も子を持つ親として考えさせられたので、

子の立場、親の立場を踏まえて見解をお話します。

ここから、ですます調から変えます。
(現実として厳しい事も話すので)

まず、

子供は親の深い愛情を感じてる。

これは間違いない。

なぜなら心からの親の謝罪もしっかりと
聞いているからだ。

子供が親に反発する理由とは!?

それでも反発するのにも
理由がある。

1つは、

いつまでも被害者(子供が)でいられる。

どういうことかと言うと、

親を責めていれば親は加害者
子供は被害者という構図が出来上がる。

いつまでも被害者の立場でいれば
自ら行動しない言い訳もできる。

親に依存することを

「正当化」

できるのだ。

楽な立場でいられるということだ。

もう1つは、

やはり

過去の記憶が強すぎて、子供は
未だに信用されていないのでは?

と親に疑心暗鬼になっていること。

親に色々と言われたり干渉されることは
子供にとっては、いつまでも子供
扱いされていると感じ、

イライラする。

このイライラには、

親に対しての後ろめたい思いや罪悪感
(この年になってまで親に迷惑をかけてしまっている)

も含まれる、

複雑な思いだ。

親の心が不安定だと・・・?

ここからは私の考え。

親の深い愛情、子供の思いを
分かった上で、

親の心が不安定だと子供の
心も不安定になる。

これは間違いない。

親が子供にフォーカスしている以上
子供は生き苦しさを感じて当然。

これは逆の立場になれば
すぐに分かる事だろう。

「自分に構わないでほしい!」

そう思うことだろう。

親の余計な一言にイライラした経験を
子供時代にあなたも感じたこと、
ないだろうか?

まずは親が人生を楽しみ子供と適度な距離を置く!

まずは親が人生を楽しむこと。
夫婦仲を良くすること。
(実際は良いかもしれないが)

結局、

親は子供の人生を生きられないし
子供の人生の責任はとれない。

これは子供も同様。

子供は親の人生を生きている訳では
ないし、自分の人生の責任は自分で
取らないといけない。

そのためには、

子供と適度な距離感を取る必要がある。
(仲が安定している場合は除く)

ここのバランスは見極めてほしい
のだが、

放っておくのではなく、遠くから
見守る感覚。

決して見放すのではない。
突き放すのでもない。

見守るのだ。
子供の力を信じて!

そして、

子供から親に相談してこない
限り、親から余計なアドバイスは
しないこと。

もっと余裕をもってデンと構える。

今までのやり方でうまくいかず
問題解決できなかったのなら、
同じアプローチから変えること。

そのために、加害者の立場から退くのだ。

ちょっと抽象的なので
具体的にも話すと・・・

・必要以上に心配しない、干渉しない
・余計な手出しもしない(金銭援助含む)

本来の私の考えはこれだが。。。

これだと極端だ!と思われるかも
しれない。いきなりは難しい。

と感じたかもしれない。

物事には段階があるし、子供の気質
価値観、環境などの要素もある。

であれば、

動けるステップを一緒に考えて
子供の前に見せてあげるのだ。

誰だっていきなり腹筋毎日100回は無理だろう。
1日10回なら出来るかもしれない。

こんな感じで出来るイメージ、
行動ステップを細かくすること。

でないと、

すぐに元に戻ってしまう。

今、子供のいるステージはどこか?

ここが分かるのは身近にいる
親だけだろう。

しっかりと見てあげてほしい。

そのうえで、安心感を与えるためにも
ステップを一緒に作ってほしい。

例えば、

援助の期限をいついつまでと決め

それまでには子供が仕事を自主的に見つけ
(最低でも3カ月続けられる仕事)
実際に続けているかの経過も見る

そのためには仕事探しから

という流れ(かなり簡略化してる)

これを一方的ではなく子供も
「同意する形」で一緒に話して欲しい。

一方的だと今までと何も変わらない。
子供の自主性を奪う結果になる・・・。

紙に書くこともおすすめだ。

ステップを誰もが分かる形で
「見える化」するのだ。

親も子供も自分の人生を生きる!

最後に。。。

親は子供より先に死ぬ。

親がいなくなったら何もできない
子供、ずっと世の中や他人、環境
のせいにするような生き方だけは

しないしさせない!

このことを強く考えてほしい。

目先の事も大切だが、自分がこの世から
いなくなった後、最低限どんな生き方を
して欲しいのか、

長い目で見てほしい。

そうすれば自ずと今やるべきことも
見えてくるはずだ。

子供が自ら生きていく為に自主的に
キラキラした笑顔で楽しい人生を
生きてほしいじゃないか!

もうそれだけで十分だ。

親も子供も自分の人生を生きる!

他人の人生に浸食しないで、
自分が人生の主役になるのだ。
脇役は脇役らしく・・・。

損得抜きで愛情を注げるのは
やはり家族だ。

家族の愛情の灯の種を
大事に大事に育ててほしい。

以上で私の見解は終わりにする。

【編集後記】

これを書きながら昔の私を思い出した。

私が飲食店のSV時代のこと。

担当店舗の中でも思い入れのある
お店があった。
売上は下降気味で、もしかしたら
お店をたたむかも・・という所まで
来ていた。

緊急会議をその店のオーナー
(FC店舗なので私と違う会社だが)
や店長、主要スタッフ集めて何度も
MTGした。

私自身も何度もお店に入って
スタッフとしてお店を盛り上げた。

そんなある日・・・

忘れもしない金曜の夜。

目標売上を店長と決めて臨んだ
のだが一歩及ばなかった。

私は最後の手段として店長に
相談。

「店の営業時間を延長しませんか?」

と。

店長は渋々、了解したが

「スタッフが何というか・・・
終電もあるしと心配気味。」

「私はそんなの何とかなる!
それよりお店の売上を何とかしよう!」

と鼻息荒く答えた。

SVとしての責任も感じてた。

結果は売上に届かず・・・。
惨敗だった。

お店をクローズした後に
私に思いもよらぬ出来事が!

スタッフが怒りの表情で私に
詰め寄ってきた。

「何勝手に営業時間延長してるんだよ!」
「お前の売上の為に店を利用するな!」
「勝手な事をうちの店でするな!」
「まずは謝るのが筋だろ!」

散々だった。

胸ぐらも掴まれた。

みな、興奮していた。

私は正直、年下スタッフにそこまで言われ
腹が立った。

「こいつらは何もわかっちゃいない。
お店の売上が上がらなえれば
給料ももらえないんだ!」

でもさすがにその場ははんぱない
怒りが充満していて仕方なく

謝った。

でも悔しかった。

家に帰ってからも何度も考え
悔しさが消えず、でももしかしたら
自分のやったことは間違っていたのか?

「俺は良かれと思って、お店の為を
思って必死にやったのに!!」

気づけば涙を流していた。

悔しさと後悔と悲しさと
色んな思いが詰まった涙だった・・・。

でもそれからそのお店に行っても
スタッフから冷たい視線を浴び、

避けされるようになった。
私は無視されるようになっていた・・・。

それからその店のオーナーからの
意向もあり、

担当店舗を外された。

私が犯した致命的なミス。

良かれと思って、スタッフに相談も
せずに、売上上げることはきっと
みんなの喜びになる!

と思い勝手に余計なことを
自己判断でしてしまったこと。

その結果、今まで築いた
信頼関係が粉々に崩れてしまったこと。

一言、相談していれば。
自分の気持ちを伝えていれば。

スタッフを信用していれば
(きっと延長と言えば断られるとという
恐れもあったのだろう)

結局、私は自分のことばかり
考えていたのだ。

やり方が強引だったのだ。

そんな苦い思い出を思い出した。

子供も一緒。

親は良かれと思って、自分が
正しいと思って色々する。

でも、そのあなたの思いは、

子供にしっかりと伝わってますか?
信用がベースにありますか?

これに尽きる・・・。

「幸せな家庭を築く自信がない・・・」
「いい親になれるか不安・・・」

あなたは自分の育った環境から、そう思い込んでいませんか?

そんなあなたには「書き出す脱出法3ケ月集中コース」がおすすめ。
書き出すことで3か月後には、隠れた悩みや奥底に潜んでいた
本当の声に気づくので、悩みから脱出できます!
井上と一緒に3ケ月間、取り組んでみませんか?

まずは無料メールセミナーを受講して井上という人間が
信頼できる人間かどうか確かめてみてください。

■無料メールセミナー
「親の支配を乗り越え、自分の人生を取り戻す7つのステップ」

特典①

500以上受けてきたワークの中から厳選した
「あなたの価値ある生き方を発見できる魔法のワークシート」
更に実際のワーク記入サンプル例もお付けします!

特典②
あなたはどのタイプ?「アダルトチルドレンの5つの特徴」
を動画で解説

特典③
無料お悩み相談プレセント

※無料メールセミナーはこちらのページから登録できます。
http://hide1010.com/mail-seminar/

■YouTube動画人気ランキング(※タイトルクリックで見れます)
1位:アダルトチルドレンの5つの特徴とは?(2分54秒)
2位:毒親の子はピエロ!?(3分44秒)
3位:モラハラを引き起こす2つの理由(3分48秒)

⇒井上のYouTubeチャンネルの登録はこちらから!!

 

Pocket