Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

前回の続きです。(前回の記事はこちら)

簡単に振り返りますと、アズイフフレームとは、

「もし、あなたの願望が叶ったら、あなたは何をしていますか?」

という質問でしたね。

この質問の特徴は、

①潜在意識は現実とイメージの区別がつかない事を利用している。

②また、否定感情が強ければ強いほど願望は強くなり、根本が否定感情から始まっているので、結局は否定している現実を引き寄せやすくなってしまうという現実

これらの潜在意識の特徴に逆らうことなく、逆に上手く利用することがポイントになります。

もう1つ潜在意識の特徴を上げますと、

③強いインパクトや繰り返し見聞きしてきたこと

を自分の中に無意識に取り込んでしまいます。

インパクトでしたら、恐怖やとても強い不安を伴う体験、その逆で感動的な震えるような体験。

繰り返しでしたら、幼い頃から両親や兄弟姉妹、親戚、学校の先生、友達などに繰り返し言われてきたこと。

これらが自分の中の感情と無意識に結びつき、今の自分に影響を与えるようになります。それが知らず知らずのうちに思い込みとなり価値観となっているのです。

自分なりにある言葉や行為に「意味づけ」を与えているのです。

例えば私の場合は、

■インパクト・・・幼い頃にカッターで遊んでいたら手をザックリ切ってしまい、今でも刃物を見ると手を切った時の鈍痛が蘇り、切った時のことを勝手にイメージしてしまいます。なので包丁は怖いです。

■繰り返し・・・父がしょっちゅう言っていた事として、男は仕事がすべて。良い会社に入るには良い大学に行って、お金をしっかりと稼ぐのが当たり 前。働くことは辛く厳しく、自分以外の周りはすべて敵だ、仕事は面白いものではなく、稼ぐために我慢するものだ、と幼い頃から聞いてきました。その影響で 仕事に対して夢を持てず、仮に面白そうだな、と思った職種を見つけても、父の仕事に対する考えが反射的によぎり、仕事は面白さから選んではいけない、自分だけ楽しんではいけない、と罪悪感を感じ、結局、行動できませんでした。

お金は苦労したうえで稼げるもの、という信念が出来上がっていたのです。

以上の①~③の特徴を上手く利用しながら、

「もし、あなたの願望が叶ったら、あなたは何をしていますか?」

という質問に答えていきます。

①潜在意識は現実とイメージの区別がつかないので、すでに自分の願望が叶っているかのように振る舞う。そのためには、微細に至るまでしっかりとイメージ(見えている景色や聴こえる音や会話、自分の感情や体の感覚)し、イメージをリアルに感じられるように繰り返します。はじめから上手くいく人は稀です。繰り返しがポイントです。「繰り返し」をすることで潜在意識の中に深く入っていきます。ポイントは「できて当然」と思えるまで繰り返すことです。

②否定感情が強ければ強いほど願望も強くなり、否定的な現実を引き寄せやすくなるので、「~しない」「~したい」「~みたいになりたい」という現状否定から始まる言葉は避けます。変わりに、「~している」「~できている」「~する準備はできている」などのように現在進行形の言葉を使います。この言葉1つで、否定から始まる感情を無くし、脳が願望を叶えている自分をイメージできるようになります。

③この肯定的な願望を「繰り返し」自分に言うことで潜在意識の深い部分に刷り込ませます。日常生活の場でインパクトのある出来事をしょっちゅう体験することは難しいですよね?なので、紙に書いたり、目に見える場所に貼ったり、否定的な感情が出たときにはすぐに思い出せるように工夫すると良いです。

さらにポイントがあります。

矛盾しているようですが、願望が叶う事ばかりにフォーカスすると実際に叶ったときに空虚感や脱力感を感じ、目標を見失いがちになる場合もあるので、「願望が叶ったら、その先にどんな世界が見えるか」と自分に問いかけます。

想像していた事や思っていた事とは違って、意外な言葉が出てきたら、それが自分の本当に叶えたい願望なのかもしれません。

例えば体を鍛えて筋肉質になりたい、という願望があったとして、叶ったらその先の自分はどうなってるだろうと想像します。その時に、「努力の証を常に確認できる事で自信にしたい、辛く苦しいときの拠り所にしたい」とか「決めたことを最後まで諦めずに目に見える形として残すことで、周囲にも良い影響を与えたい」とか、単純に体を鍛えて自己満足する領域を超えているかもしれません。

私は、毎朝の習慣として、自分の使命(ミッションビジョン)を鏡に向かって宣言してます。毎朝繰り返すこと、語尾を現在進行形にする事で、使命通りに生きる自分を当たり前に感じるような工夫をしてます。

毎朝繰り返せば習慣となり、日常生活の中のあらゆる出来事に対して、無意識に自分の使命が頭をよぎり、その通りに自分は行動できているか、と自然に思考している自分がいます。

さて、2回に分けて願望実現のポイントをお伝えしてきました。

難しい内容だったかもしれません。私も腑に落ちるまで理解するには時間がかかりましたし、普段こういった心理的な話や自己啓発的なものに触れる機会が少ない方は、なおさら分かりづらかったかもしれません。

そんな願望実現の方法もあるのか・・・と頭の片隅に入れて頂く程度で大丈夫です。

今、叶えたい願望や目標がある方はぜひ試してみてください。前回もお話しましたが、正しいやり方を知っているか知らないかで、人生は大きく方向を変えていきます。

私もそんな生き方が継続できるよう、少しでも読んで頂いたあなたのお役に立てれるように、以上の事を忘れずに常に実践者であり続けます。

いつもありがとうございます。

※メールセミナーの特典として初回オリエンテーションを無料で提供しております。

↓特典を手に入れるには、こちらのセミナーに今すぐ登録してくださいね↓

>>>>>>メールセミナーはこちらで登録できます<<<<<<

>>>>>>セッションに興味のある方はこちらまで<<<<<<

家族依存専門セルフケアカウンセラー 井上秀人

Pocket