Pocket

毒親への罪悪感を抱えたまま大人になって
しまったあなたへ

90日で毒親から取り込んだ不要な罪悪感を
解放し「 親軸」から「自分軸」へシフトする
“書き出す親離(しんり)カウンセリング”

親離カウンセラーの井上秀人です。

以前、面前DVのお話を書きました(その時のコラムはこちらからどうぞ→面前DV

面前DVとは子供の目の前で両親がモラハラやDVを繰り広げることです。
親自身が満たされていないと子供にしわ寄せがきます。

子供は幼い頃から愛する両親の暴言や暴力を見ることで、成長するに
つれて怒りの感情を覚えるようになります。

私の場合は、父との確執・葛藤に悩んできましたが、同時に父に全人格を
否定されても、一切逆らえず支配されてきた母の姿を幼い頃から見て育ちました。

そして私自身、そんな母の姿を見るのが辛く、助けてあげられない自分の
無力さを責めてきました。

ただ、その時に素直に怒りを出せれば良い方です。
親に直接感情を出せなくても、外的なものに依存して忘れようとしたり、
同じように悲しみを抱える仲間とつるむようになったり。

何より孤独が1番よくありません。

怒りの感情が親にストレートに出せなくても、何らかの形で
外に出せていれば、少しでも痛みが和ぐという理屈です。

一方、表に出せない(出してはいけない)と思い込み、無意識に感情を
感じないようにしてしまう子供もいます。

————————————————————

親は愛すべき存在だから、怒りの感情を出すなんてもってのほか。
もし出したら自分の居場所がなくなってしまう・・・・。

————————————————————

このように本当の感情を押さえ込み、親の前では良い子を演じるように
なるのです。

子供にとっては安全な居場所、十分な関心と愛情が与えられず、
次第にその環境で生きる術を無意識に模索します。

親自身、自分が子供時代に親から必要なものを得られずに育っている
ことが多く、自分が経験していないものは、子供に与えることができません。

子供は親の言動、行動に過敏に反応し常にアンテナが外に向かってます。

常にピリピリと親の機嫌を伺う緊張感のある生活を強いられます。

その生き方がそのまま大人になっても続き、他人の評価や期待を
過剰に気にし、怒られないように自分の主張を抑え、波風立てない事を
良しとする生き方になってしまう傾向があります。

外面ばかりに意識を向けている結果、自分の内面に意識が向かず、
自分の感情や価値が分からないという事が起きるのです。

このように、予測のつかない中で育つと自分を防衛し生き抜く為に、
子供は自分が出来る役割を演じる事になります。

その役割を大人なっても演じ続けているのです。

その役割にもいくつかパターンがあります。

また詳しくは次回のコラムに書きますね。

【編集後記】

無意識のなかで望まない人間関係の行動パターンを繰り返すのは、
親の影響が多分にあります。
気づければ良いのですが、多くの方は気づいてません。
今では「役に立たない」親の価値観に縛られ続けているのです。

実は、私自身、そんな生き方をずっと繰り返してきました・・・。
気づけたきっかけは心理の学びでしたが、1人でも多くの方が
自分の価値を見つけ、親の人生ではない自分の人生を悔いなく
生きて欲しい・・・。

そして、親の大切さに気づき、純粋な気持ちで親孝行できる社会に
していきたいというビジョンを持って、

私に出来る事を1つ1つ形にしていきます。

あなたの大切な人にメルマガを御紹介頂けると嬉しいです♪

メルマガ登録ページ⇒http://hide1010.com/mlmg/
Pocket